2009/11/21

ewfy 1.0.1



今でも需要があるのかどうか分かりませんが、ewfyを更新しました。
ewfy 1.0.1

前のバージョン(1.0.0)では、EWF有効な状態から「常に無効」でコミットしたら、いつまで経っても「コミット中」という表示のままになります。
(その場合でも、実際のコミットはちゃんと終了します。)
いろいろ調べた結果、やはりewfyのコミット監視処理のバグということが分かったので修正しました。

ついでに、もう1点変更しました。
ewfyには、「自動コミット実行前に確認するという設定でも、メモリ使用量がコミット基準を急激に超えら確認なしでコミットを実行する」という機能があります。
もちろんこれは安全のためですが、よく考えたらむしろ危険な場合もあります。
「本当に」急激にメモリ使用量が増えたら、コミットの最中に落ちて、ディスクの内容が壊れてしまう可能性があるのです。これはEWFを使う上で最も避けたい事態です。
そういうわけで、デフォルトではこの動作を行わないようにしました。

2009/11/07

rb-338


昔のアナログシンセの音を再現するRB-338というソフトがあります。
数年前に販売を終了して、今は無償で公開されています

製品CDのisoイメージがそのままBitTorrentで配布されているので、
それを落としてCDに焼いてインストールするんだそうです。
開発元が正式に公開しているものなのでぜんぜん問題ないのですが、
とりあえずBitTorrentクライアントを入れるのはちょっと抵抗があります。

Firefoxのアドオンでそれらしいのがないか探してみたら、
日本語化されてないアドオンでFireTorrentというのがあったので、
これを入れることにしました。
この状態でダウンロードページに行ってダウンロードのリンクをクリックしたら、
後は普通のファイルのダウンロードと同じ手順です。
最初やってみたときはぜんぜんデータが落ちてこなかったのですが、
時間帯を変えてやり直してみたら、30分ぐらいで完了しました。
で、zipを解凍してisoイメージをCDに焼いて、インストール。

画面が小さくて操作しにくいですが、古いソフトだけに動作は軽いです。
適当にパターンを作って、適当に音を作って、
適当にいじってるだけで、何時間でも遊べます。
テクノ好きには超おすすめ。

ちなみに、これと似たようなことのできるソフトで、
hobnox Audiotoolという、もっと洗練された高機能なやつもあります。
でも、この洗練されたGUIはそれなりのCPUパワーを必要とするようで、
途中でいちばん大事なはずの音が途切れたりします。
ていうか高機能すぎて使いこなせません。。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...