2013/05/06

ニトリとIKEAの時計を比べてみた

IKEAで、回転させて使う時計を買ってきました。 温度計などの機能もあって、置く向きによって4通りに表示が変わるようになっています。 ニトリでも、これとほぼ同じものが売られています。(左がニトリ版、右がIKEA版。)
4wayclock1
見た目がそっくりなので、まったく同じ仕様かと思ったら、ちょっと違うところがありました。IKEA版は向きを変えるたびにバックライトがいろんな色に変わりますが、ニトリ版はバックライト自体がありません。
4wayclock3
よく見ると、電池ボックス部分の形状も微妙に違います。それとIKEA版はCEマークが付いています。
4wayclock2
もちろん中身を比べてみたいので、分解します。前面の透明パネルが両面テープで固定されているので、それを剥がしたら、ケースを固定している4個のネジ穴が現れます。
4wayclock4
ニトリ版(左)は普通の両面テープを手作業で貼っているようですが、IKEA版(右)は専用に整形されたものを使っています。この写真ではネジ穴が隠れて見えませんが、ニトリ版とまったく同じ位置にあります。
4wayclock5
前面の透明パネルは、ニトリ版のほうが厚いものを使っています。IKEA版は薄くてペラペラです。
4wayclock6
主要部品はほとんど同じのようですが、基板は全然違います。大きな四角い部品は方向を検出するためのスイッチで、おそらく専用のものなのでしょう。圧電スピーカの配置に違いがあり、IKEA版では基板上に実装されています。
4wayclock7
IKEA版のみにある、バックライト部分の配線。乱暴に見えますが問題はありません。コストダウンのために組立作業を効率化していくと、こうなるのでしょう。
4wayclock8
液晶パネル(と、IKEA版ではバックライトも)を外したら、基板のパターンが見えます。メインのチップと液晶はまったく同じのようです。ニトリ版も左上のほうにバックライトを接続するためのパターンが出ています。コストダウンのために部品を省略していたのですね。電池の寿命を考えると、その方が実用的かもしれませんが。
4wayclock9
ちなみに、上の写真に何度か出てくる小さなガラスの容器は、キャンドル用の容器としてIKEAで売られていたものです。12個セットで300円ぐらいだったと思います。12個もあるので、ネジや小さな部品を種類別に分けて入れておくのに便利ですよ。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...