2009/12/23

PIC10の汎用マイコンボード

PIC10F Hobby Kit の基板にPIC10F222とチップLEDを乗せてみました。
8ピンDIPよりちょっと大きい程度のサイズですが、
これでもいちおう汎用のマイコンボードなのです。

LEDは、余ったランドを利用して、ICSPで使わないピンに接続してあります。
(べつになくても良いのですが、いちおう単体でも使えるように。)
6ピンのピンヘッダは書き込みおよび周辺回路との接続用ですが、
激しく本体基板からはみ出してます。。

回路は、ほぼICSP用の結線そのものです。

LEDには電流制限抵抗を入れずに、PICの内部抵抗を利用します。
電源が3V程度なら、これでも全然大丈夫です。
もしも明るすぎたら、PWMで暗くすれば良いのです。

こうやって書き込みます。

書き込み時は必然的に周辺回路と切り離されることになります。
後からプログラムを書き換えるのも楽です。

実際の使い方の例。
ガンプラに仕込んだLEDを制御しています。



本体を適当に押したら、底面に付けたスイッチが押される仕組みです。
このスイッチを検出して、押された回数に応じてLEDを制御します。
LEDがオフのときはスリープして実質的に電源オフ状態にしています。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...