2009/08/02

GMC-4にセーブ・ロード機能を

GMC-4本体内蔵型のセーブ・ロード機能を付けました。
PCに接続してプログラムを流し込むんじゃなくて、単独で動作します。

上のボタンがロード、下のボタンがセーブ用です。
保存先は10箇所あって、本体の0~9のキーで選択します。
[ロード]→[番号]→[ロード] と押すとロードを実行。セーブも同様です。

PICのICSP端子でPCと接続できます。


PIC内臓のEEPROMの内容はMPLABで読み書きできるので、
本体でセーブしたデータをPCに取り込んだりもできます。

基板はこんな感じで、本体裏側のスペースに収まっています。

だから裏蓋を付ける必要があったんですね。

基板の表側。

スペースが余ってるように見えますが、
ここはスピーカと干渉するので使えないのです。
だから余裕はぜんぜんありません。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...