2010/03/02

導通チェッカー

PIC10F222で導通チェッカーを作りました。

プローブどうしを接触させれば電源オン。測定をやめて約16秒経ったら自動電源オフ。電源が入っているかどうか分かりやすいように、測定中は常に音が鳴り続けます。音はいわゆる「金属探知機」みたいな断続音で、抵抗値が低いほど周期が短くなり、約3Ω以下で連続音になります。

SDカードのケースに入れて、まっすぐに伸ばした安全ピンをプローブにしています。この、ぜんぜん安全じゃない安全ピンは、使うときだけはめ込みます。もう片方はワニ口クリップなので、測定対象に固定したり、別のプローブを挟んだりできます。

メイン基板(?)はPIC10の汎用マイコンボードとほぼ同じものです。ケースの厚みがないので空中配線してますが、回路は単純なのでたいしたことはありません。

A/D変換を使って抵抗値を測定する、という方法をとっています。測定対象には最大で0.3mAぐらい流れます。
測定回路自体の保護については、特に何もしていません。たいした回路じゃないし、PIC内部にもいちおう保護ダイオードがあるので。
導通判定の閾値を調整するための「ゲタ」として約12Ωの抵抗(20Ωと33Ωの並列)を入れてますが、これは別になくても良かったかも。
音と連動して光るLEDは、いちおう保護回路としての意味もあります。
HEXファイル: checker.HEX
プログラムのメインループでは、GP0の電圧をA/D変換して、その値から求めた抵抗値に応じて音のインターバルを変える、という処理を実行します。A/D変換値と抵抗値は比例してないし、抵抗値のlogをとりたいので、あらかじめ計算しておいたテーブルを参照しています。
オープン状態が長く続いたらGP0をデジタル入力にしてスリープし、そこからGP0のレベル変化で起きてリセット。これだけで電源の制御ができます。

電池ホルダがケースに入らなかったので、電池を直接ケースに入れて、ケース内部の出っ張りとかを利用して固定しています。電極は、100円ショップで売っている薄~い真鍮版を切って両面テープで貼り付けたもの。これが意外と簡単で、コストパフォーマンスも非常に良いのです。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

はじめまして、書き込みをさせていただきます。
導通チェッカー コピーさせていただき使っております、大変使いやすく重宝しております、有り難う御座いました。

     Kem81

這いよれ☆ニャル子さん さんのコメント...

導通チェッカー、ユニバーサル基盤に起こして便利に使わせてもらっています、
一応テスターも、持っているのですが【音が出ません】ありがとうございました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...